2020年12月23日

赤テロ勢力の舌先三寸、詐欺ペテン・強迫テロ暴力殺人で証拠隠匿隠滅も露出させながら、情報操作、印象操作も甚だしい報道テロ。・・・トランプ「御前会議」に“あの疑惑の2人”が出席していた・・・ホワイトハウスを去る気はさらさらなし!?・・だそうです。。




https://video.fc2.com/content/2021010964A1DxCK/







トランプ「御前会議」に“あの疑惑の2人”が出席していた
https://www.news-postseven.com/archives/20201222_1622812.html?DETAIL




ホワイトハウスを去る気はさらさらなし!?(AFP=時事)

写真3枚
>>>

 トランプ大統領と側近たちは、今もまだ「ホワイトハウスを去る」ことを前提にはしていないようだ。ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏がリポートする。

 * * *
 12月18日の金曜日、ホワイトハウスでは不穏な雰囲気で会議が行われたようである。CNNとニューヨーク・タイムズの報道によると、金曜日の会議には意外なメンバーが2人、参加していた。ひとりは弁護士のシドニー・パウエル氏であり、もうひとりは彼女のクライアントでもあるマイケル・フリン元国家安全保障補佐官だった。会議は大統領執務室で行われ、怒号も飛び交う大荒れだったようだ。

 パウエル弁護士は、大統領選挙のさなかに「選挙に使用された投票機はベネズエラや中国など反米国家の影響を受けたメーカーが製造しているもので、トランプ氏に投じられた票が違法に改ざんされている」と主張したが、その根拠は全く示せなかった。アメリカのメディアも各州の当局者も、これを「100%捏造された陰謀論」と一蹴し、やり玉に挙げられたメーカーは、発言の撤回を求めて法的措置を示唆している。トランプ陣営も、さすがに彼女の主張はひどすぎると判断し、トランプ弁護団として正式に「彼女は仲間ではない」と発表して火消しに奔走した経緯がある。ところが、最近になって、トランプ氏は彼女と連絡を取り合っていたというのだ。

 フリン氏は、ロシア疑惑などの事件に関係し、虚偽の発言や意図的に捜査をミスリードした罪に問われ、いったんは自ら罪を認めて司法取引に応じたが、司法省の介入で判決の言い渡しが再三延期され、ついにはトランプ氏の恩赦で無罪放免となった。要は、いわくつきの側近である。

 会議でフリン氏は、選挙結果を受け入れないために、トランプ大統領が戒厳令を発動するべきだと主張したという。報道ではトランプ氏がそれを支持したかは明らかになっていないが、会議の出席者たちが、そんなことは無理だとフリン氏を押さえつけたようだ。


一方、これも誰が提案したか報じられていないが、会議ではパウエル氏を特別検察官に任命して、大統領選挙の不正を捜査させるという案が浮上した。パウエル氏は投票機を押収するための大統領令を出すことを提案したが、これも出席者たちから反対されて却下されたという。パウエル氏は反対する人たちを「臆病者」と非難したとされる。

 会議には、トランプの個人弁護士であるジュリアーニ元ニューヨーク市長も参加し、パウエル氏の奇抜すぎる提案に反対したようだが(トランプ弁護団からパウエル氏を排除したのもジュリアーニ氏だった)、それとは別に、彼自身も投票機を差し押さえるよう国土安全保障省に掛け合っている。こちらも同省から拒否されて手詰まりになっている。
あまりにも根拠のない主張で一時はトランプ弁護団から外されたパウエル氏(EPA=時事)

あまりにも根拠のない主張で一時はトランプ弁護団から外されたパウエル氏(EPA=時事)

写真3枚

 客観的に見れば、パウエル氏やフリン氏こそ、根拠のない捏造された陰謀論によって大統領選挙を疑惑まみれにしてしまった張本人だが、その2人を大統領執務室に呼び込んで、さらに騒動を煽ろうとしているトランプ氏の真意はどこにあるのか。別の報道では、トランプ氏は自分のスタッフたちが「パウエル氏のように戦うべき」だと訓令したとされる。

 もういい加減にしてほしいというのが大半のアメリカ人の気持ちだが、トランプ氏にしてみれば、退任後も「2020年の大統領選挙は不正だった」と言い続けるためには、でっち上げでも憶測でも、“疑惑”は多いほどいいわけだ。それを信じるトランパーズ(熱狂的なトランプ支持者)は今もたくさんいる。アメリカがこれ以上、混迷を深めて国家運営が滞れば、喜ぶのはそれこそベネズエラや中国などの反米国家なのだが……。



posted by Buster21 at 22:43| 愛知 ☁| Comment(0) | 日本危機の本質部分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月19日

大手メディアを要とした情報媒体の、ほんの一部を除く殆どは偽ユダヤの下僕組織であり、国際連合などの国際機関とされて居るモノと同類。。


先ずは、米国民の動きと共に「大統領令」発令が、今後の展開で基本的に重要の筈ですね。









ドチラニしても、大手メディアを要とした情報媒体の、ほんの一部を除く殆どは偽ユダヤの下僕組織であり、国際連合などの国際機関とされて居るモノと同類であり、空理空論・虚偽虚構のタルムード理念で正義を偽装して居るエセの世界だし、それが独り歩きして同類同士の仲間割れ、或いは、真実主義との超限戦など、様々な混乱・暴動テロを招いて来たのは明白ですね。端的に、弾圧主義×自由主義の戦いが、現在のトランプ潰しの国家転覆クーデターと、そこを、待ち構えて改心の道とチャンスを示しながら、着々と整理すべき者を世間に晒しながら、邪心邪悪の世界に執着心を持つ者らの三権・第四権力のシステム全容を、トランプ戦略の壮大なオトリ捜査で表面化させているのが現況ですね。相手の動きを利用活用の省エネ方式の、言わば空気投げの技ですね。自然を大切にした高度な対応法と考えます。
一方の断トツの軍事力を控えた軍事作戦も、現状は、日米豪印(クワッド)を基盤として、仏独も参加、自由を護る反共精神の国々も賛同して来て居る状況下、破壊主義勢力の結束も綻び始めていて、バイデン降ろしの画策を露出して居る報道テロの現状ですね。


https://youtu.be/0Fb8WM9acEY





Facebookのファクトチェッカー、TikTokを通じて中国から資金調達
https://www.epochtimes.jp/p/2020/12/66024.html?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=393
2020年12月16日 13時40分

AddThis Sharing Buttons
Share to Facebook
FacebookShare to TwitterTwitterShare to LINELINEShare to HatenaHatenaShare to メール
メール
2020年9月21日、ベルリンでのTikTokの広告(Sean Gallup/Getty Images)
2020年9月21日、ベルリンでのTikTokの広告(Sean Gallup/Getty Images)

フェイスブックは自社が使う複数のファクトチェッカー(事実確認の請負業者)を独立した第三者だとしているが、少なくとも一社の資金源は明らかに怪しい点がある。

ファクトチェッカーのリード・ストーリーズ(Lead Stories)は、資金の一部をTikTokとの提携を通じて受け取っている。TikTokは中国共産党にコントロールされている中国企業、バイトダンス(ByteDance)によって運営されているSNSプラットフォームであり、現在、米国当局によって国家安全保障上の脅威として調査されている。

リード・ストーリーズによると、同社は「ファクトチェック関連の事業で」バイトダンスと契約している。TikTokもこの契約を公表しており、今年初めに中共ウイルス(新型コロナ)の「誤った情報の拡散を防ぐ取り組みを支援するために」いくつかの組織と提携したと発表した。

リード・ストーリーズは2015年に創設され、2017年は5万ドル以下だった運営費が、2019年には7倍に拡大した。その主な理由は、フェイスブックが2018年と2019年に46万ドル以上を支払ってファクトチェックを委託したからだ。同社は十数人のスタッフ (その約半数はCNNの元社員) を雇い、フェイスブックの米国コンテンツの最大のファクトチェッカーの一つとなった。

今年の資金源には、グーグル、フェイスブック、バイトダンス、そして、いくつかのオンライン広告サービスが含まれる。昨年の広告サービスからの収入は2万5000ドルに満たなかったという。

リード・ストーリーズによると、資金の大部分は依然としてフェイスブックから来ているという。

リード・ストーリーズに電子メールで質問を送ったが、回答は得られていない。
検閲


フェイスブックのファクトチェッカーは検閲を促進していると批判を浴びている。ファクトチェッカーによって偽りと判定された投稿は、警告ラベルとファクトチェックへのリンクが貼られるだけでなく、フェイスブックは「見る人の数を大幅に減らす」と同社のウェブサイトで述べている。

ファクトチェッカーは、どのコンテンツをチェックするかを選択でき、真偽を決定できる。彼らは判断に対するクレームを受けても、容易に自分の判断を覆すことはない。

リード・ストーリーズは最近、選挙不正に関するコンテンツのファクトチェックに焦点を当てており、フェイスブック上での選挙不正に関する話題の検閲を強化した。
バイトダンス

TikTokを所有し、北京に拠点を置くバイトダンスも検閲することで知られている。

ガーディアン紙は2019年の記事で、TikTokがコンテンツ管理人に対して、天安門事件や法輪功(1999年以来中国で厳しく迫害されている精神的修煉法)など、中国政府が「敏感」だと考える話題に関する動画を検閲するよう指示したと報じている。

TikTokは当時、そのようなポリシーは2019年5月に変更され、すでに適用していないと述べた。

しかし12月には、中国共産党の新疆地域でのウイグル人の弾圧を批判する動画を投稿した米国の若者のアカウントを閉鎖したことで、再び非難の的となった。

また6月には、ニュージャージー州に住む中国人留学生が中国国歌のパロディー動画を投稿した時も、同アプリは彼のアカウントを閉鎖した。

バイトダンスに、同社のファクトチェッカーとの提携についてメールで質問したが、回答は得られていない。
中国共産党への忠誠

中国企業は中国共産党の方針に従わなければならない。バイトダンスの創設者、張一鳴(チャン・イーミン)氏は、中国共産党が要求する検閲を実施している。

2018年、中国共産党は彼のユーモアアプリ、「内涵段子(インサイダージョーク)」を閉鎖した。これに対し張氏は、党の政策に忠誠を誓う内容の自己批判文書を出した。

チャイナ・メディア・プロジェクトの翻訳によると、彼の自己批判文書には、「私たちの製品は間違った道をたどり、社会主義の基本的価値観と釣り合わないような内容があり、世論指導を適切に実施していなかった」と書かれている。

張氏はまた、同社が「党づくりの強化、全社員を対象とした「4つの意識」と社会主義のコアバリューの教育、世論の指導と法令等の教育を実施し、真に企業の社会的責任を果たす」と約束した。

「4つの意識」とは、習近平氏が数年前に出した理念で、共産党の理念に忠実であり、習近平氏を支持し、党指導部と連携し、「大局」を考えることを党員に求めている。

張氏はまた、「権威ある(党の)メディアと協力をさらに深め、権威あるメディア・コンテンツの配信を促進し、権威ある(党の)メディアの声が確実に強い力で放送されるようにする」と約束した。

米司法省は最近、裁判所に提出した文書の中で張氏のこの書簡を引用し、同氏を中国共産党の「代弁者」と呼んだ。
国家安全保障上の脅威

トランプ政権は、2017年にバイトダンスが中国の動画共有アプリ、「ミュージカリー(Musical.ly)」を買収した件を調査している。バイトダンスは、アメリカの若者の間で人気のアプリだったミュージカリーを閉鎖し、何百万人ものユーザーは買収後にTikTokに乗り換えることを余儀なくされ、同アプリの人気が急上昇した。

バイトダンスは中国の法律に従っており、同社のすべてのデータを中国共産党が管理できるため、政府と一部の議員はTikTokは国家安全保障上の脅威だと述べている。バイトダンスによると、同社のTikTokのサーバーは米国にあり、バックアップがシンガポールにあるという。中国共産党はシンガポール政府と緊密な関係を維持している。

米国商務省はTikTokを事実上禁止する命令を下し、禁止令は11月12日に発効となっていたが、今のところ裁判所によって阻止されている。

米国政府はバイトダンスがTikTokをウォルマートとオラクルに売却する交渉を進めている。
ファクト・チェッカーをチェックするのは誰か

フェイスブックは、使用するファクトチェッカーは国際事実確認ネットワーク(IFCN)の認証を受ける必要があることから、ファクトチェッカーの使用を正当化している。IFCNは2015年に設立され、非営利ジャーナリズム学校の「ポインター研究所(Poynter Institute)」が運営している。

TikTokは、ポインター研究所と別の事実確認プロジェクトである「メディアワイズ(MediaWise)」をパートナーとして発表している。

ポインター研究所のマーケティングディレクターであるTina Dyakon氏は、同社がバイトダンスから受け取っている金額について明らかにしなかった。

「契約内容の詳細は開示していない」と彼女は大紀元に電子メールで答えた。「ポインター研究所は今年、事実確認とメディアリテラシーのためにTikTokと提携した」

同氏は、ポインター研究所は編集の独立性を維持し、研究所の倫理方針に従っていると述べた。

2019年には、IFCNは資金のほぼ全額を、eBayの創設者で民主党の主要な寄付者であるピエール・オミダイア氏、グーグル、そして左翼の億万長者であるジョージ・ソロス氏から受け取っていた。フェイスブックも以前の寄付者の1つとして挙げられている。

どのファクトチェッカーが認証を受けるかは、事実調査機関の代表で構成される7人の諮問委員会によって決定される。委員会のメンバーで米国の政治ニュースの経験があるのは2人だけだ。1人はグレン・ケスラー氏で、彼は元外交政策記者で、現在はワシントン・ポスト紙の事実調査部門のトップだ。ケスラー氏のチームは今年、『真実を攻撃するドナルド・トランプ(Donald Trump and His Assault on Truth)』という本を出版している。

もう1人は、ポインター研究所が所有する「ポリティファクト(PolitiFact)」の編集長、アンジー・ドロブニック・ホラン(Angie Drobnic Holan)氏だ。

IFCN理事のBaybars Orsek氏は以前大紀元に対し、理事らは自分が主要な役職に就いている組織の認証については投票や審議を行わないと述べている。

(大紀元日本ウェブ編集部)



https://youtu.be/0Fb8WM9acEY
posted by Buster21 at 13:43| 愛知 ☁| Comment(1) | 日本危機の本質部分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月16日

中国民主化に重要な、秘かなる華夷秩序連盟の、中韓朝の裏面を常に考えの中に入れた戦略を、実行出来るか如何かに有る筈とおもいます。。


記事コピペ拡散。。https://video.fc2.com/content/20201216MWL4ypZt _https://video.fc2.com/content/20201216ZwH7fLya


”トランプとQチームは中国人がハザール/偽ユダヤマフイアが支配する中国共産党を解体し、そのシステムを・・・
https://ameblo.jp/ameba20091/entry-12625297958.html
NEW!2020-12-16 11:32:00

テーマ:
ブログ


トランプとQチームは中国人がハザール/偽ユダヤマフイアが支配する中国共産党を解体し、そのシステムから抜け出し、真の民主主義国家を設置することに協力している。



それはスティーブバノンが「中国の新連邦国家」について語るビデオで見ることができる。





ドナルドJ.トランプ大統領のグローバル・ビクトリー・ツアーの注目すべき物語は、以下のパート2に続きます。



すべての人のための平和、健康、幸福、豊かさ−私たちは女神、主権、自由、



Qチームによる陰謀団のAからZへの撤去



チャーリー・フリークポッドキャスト、コリーン、マーク・デヴリン、フィリペ・アレクサンダービデオグラファー



チャーリー・フリークとコリーンが物語の物語を教えてくれます…NSAとJFKジュニア、ドナルドJ.トランプが、あらゆる困難を乗り越えて、陰謀/イルミナティ/ディープステートをどのように打ち負かしたのか・・・。



次の目的地は中国です…そしてこれは巨大でした…そしてマーク私はあなたがスティーブ・バノンを通じて、中国の自由民衆が公に発表したことを見て非常に嬉しく驚いたことを知っています…



スティーブバノンが「中国の新連邦国家」について語る。

マーク・デヴリン :そうです。

主流メディアが私たちに伝えるのを忘れた別の話…



中国が共産主義者、悪魔崇拝、悪魔主義者を追い出したことを言及するのを完全に忘れてしまった…それは莫大な契約であり、人々であり、主流メディアはそれをすべて無視した…



トランプが大統領になってから間もなく、春に習近平国家主席がフロリダのマラアラゴでトランプを訪れました。



トランプが東南アジアのすべての家をきれいにした後、彼は中国に行きます..。

そして、彼と習近平は紫禁城で会談をしました!!



これは巨大です…理由のために紫禁城と呼ばれています...中国の遺産、中国の文化にとって非常にプライベートでスピリチュアルな秘密の場所だからです…



そして、そこで彼らが出会いました...そして、それはトランプの要求によるものでした...



これらすべてのことで、これらの国のそれぞれが彼らのオーバーロードとしてトランプにどのように力強く降伏したかを示すマーカーが常にあります...紫禁城でトランプと会うことはこれです…これはおそらく最大のものです…皆さんは想像できませんが、これがどれほど大きな取引だったかは…後日分かります!!



そしてもちろん、主流派メディアはそのすべてについて黙っていた…



そしてその会議で、アメリカ人はどうやら中国の当局者がどうやって彼らの邪悪な共産主義者たちが追い出されることを切望していたのかを知り、非常に驚いた…彼らはこれを望んでいた…彼らはこのすべてから逃げたかったのだ。



つかは良心を持っている人々にとっては恐ろしいことです…誰もが悪人ではありません…



それで彼らはトランプに両手を広げて会った...彼らは共産主義国家の征服を通して彼らの上に陰謀団の支配を終わらせたかったので喜んでトランプの権威に降伏した...



マーク・デブリン:このような情報を公開できるようになったことで、どういったことになりますか。



私は、一般市民がまだこの爆発的な情報を処理する準備ができていないと感じていることを知っています、

そして、あなたはポッドキャストでこれらすべてのものを今日明らかにすることができます。



これは、せいぜい数万人の人がこれを聞くことになるためです。

非常に限られています。



主要メディアの一般大衆からこれについて聞くのは非常に遠く、ニュース速報を公式に発表する前に、これらの主題に関心を持ち、注目を集めることができるのは、その人たちだけです。



それから、物事の宗教的側面に入る…イエスがイエスキリストの名によってこのスイスのように見える男のこの姿であるということは現実ではありません…チャーリー・フリークはちょっとした仕事です…



彼はいくつかの良いものを手に入れました、そして彼とコリーンと彼らがすることのための良い人々、すべての動物と一生懸命働いていますが、彼はちょっとした仕事です...



つまり、ホリスティックな真実を教えているだけで、4万人や40万人ではなく、4,000人の加入者がいる理由があるので、真実を話す…によって隔離されているのです(笑)



ここで私の友達にはたくさんのことが起こっています、そしてそれはかなり醜いです...それについて私が言いたいのはそれだけです...



中国からトランプがベトナムに行った後(2017年11月)…そして、それを手に入れました…この非常に一般的な式典で、トランプはベトナム大統領の少し前方右側に配置されました…そして、自分が責任を負うことを示しました…ベトナム人は、子どもの調達への参加をやめることを約束した…人身売買…



彼らはすぐに降伏しました...これらのほとんどは戦いを起こしませんでした、人々...イスラエルは最大の戦いをしました...



さて、これは私にとって大きな問題です。

男の子、ライオンの巣穴に入ると話します。

ベトナムの大きな穴の後、トランプのアジアツアーが終了すると…



トランプは非常に有名な会議に出席しました。スイスのダボスでそこにいると称された全員がいたからです。



君たちはこれを覚えてる?

これは非常に大きな問題でした... ソロスもそこにいました...この会議では、世界最大の国際企業について話している、これらは主要なプレーヤーです...スイスのダボスで会った最大の最も邪悪な企業、とトランプは言った。



それはトランプ…彼らが公に言ったことではない。



しかし、トランプからそう呼ばれました...トランプはまた遅く到着しました...彼はテーブルの真ん中に座りました。

そして、彼はこの会議のボスだったので、基本的に誰もがトランプを包み込みました...



ブッシュ大統領の葬式で彼が最初に到着したとき、あなたは翌日会議で非常に心配している人がたくさんいた…前日にこれらの封筒で述べられていたため…



そして、この会議の翌日、彼はこれらの邪悪なものそれぞれについてより多くの情報を提供しましたと、会議は非常に迅速に進みました…



これは非常に怖い場所です...少なくとも私にとってはそうでしょう...スイスのダボス...それらの山の下に洞窟とトンネルがあり、彼らは彼を誘拐できたし、これはある種の誘拐であり、彼らは彼がどこにいるのかわからない...これは大きなものです...



コリーン:きっと彼が一人で行ったのではない…



怖がっている小さなげっ歯類のように、彼らはすぐに降伏しました。

トランプは最初の夜に封筒を使ってそれをうまく演奏したと思います...そして彼らに一晩汗をかかせました。



そして次の日にフォルダーを…彼らは降伏しました…そしてトランプは彼らなしでは去りませんでした…

そして、「私たちがあなたにお願いすること、あなたはし、あなたが私たちに公開しないなら、私たちはこれを1つの大きな陰謀のように見せません...ええと、あなたは孤独なナッツです...あなたは病気の子供虐待者…そして私たちはあなたを個別に選ぶつもりです…」それがトランプが彼らのそれぞれに言ったことです…「私たちはあなたを選び出し、生きたまま食べます.



それで、彼らはすべてこの会議で降伏しました。

これらは最大の企業であるため、これは巨大なものです。



HSBCがありました...これは悪です...悪の顔がこの会議にありました。

そしてジョージ・ソロスがこの会議にいました...



トランプはインドに行きました...彼はインドを取り、彼のためにインドを働かせました...



その後、中央アメリカ大陸…メキシコから始まり…Amlo [2018年12月からメキシコ大統は、彼は非常に抵抗力がありました。



彼は子供を食べることをあきらめたり、トランプに自分の力をあきらめたりしたくありませんでした。



私たちはブラジルに行きます...ブラジルの新しいブラジル大統領...彼は主流メディアのニュースの明るい光から遠く離れているので、彼は世界で最高の仕事をしていると思っています。



そして彼はレイプしてブラジルの銀行に行くことができます…いいえ…トランプは彼に訪問し、彼がトランプのために働いていると彼に告げる…そして彼らはこの公開会議を開き、そこで再び[大統領]ボルソナロ…もトランプに服従することに成りました。



そしてトランプが去った後、ボルソナロが大統領として行った最初の行為の1つ…そしてこれは非常に重要です、ところでBTWの人々……トランプが主要な小児性愛のカバー企業および個人のこれらの国を去った後のこれらの主要な逮捕のすべて…ボルソナロはオプラの親友、その美しい神{皮肉な}ファリアを逮捕します。

ファリアは、世界最大の子どもの人身売買とアドレノクロームの生産施設の1つを運営しています...絶対的な怪物...オプラの最高の仲間...



それから彼はアルゼンチンに行きました…それは人々が逃げることができる、長い間安全な避難所でした。



オバマは彼の安全な脱出を計画しました、彼のそこへの撤退…ある事が出るべきなら…彼らは多くの時間を費やしました。

アルゼンチンでは多くの人がそうでしたように…



トランプはアルゼンチンに行きました...そして、そのような腐敗した人物であるアルゼンチンの大統領...マウリシオ・マクリに警告しました。



このアルゼンチンに対するトランプの行動はただ残忍なものでした。

彼を地球のスカムのように扱いました...もちろん彼は降伏しました。



そして、カナダのG7サミットで…彼は恐ろしい小児性愛者と副腎皮質ホルモンを持っていたジャスティン・トルドーが会議を主催していた。

アンジェラ・メルケルもそこにいた…そして彼女はトランプがそこに居て欲しいと望んでいた大きな人の一人だった。



同様に…彼女はブリュッセルで大きな役割を演じなかったので…この会議で彼はそこに全員を迎えましたが、特にそれはカナダのジャスティン・トルドーとドイツのアンジェラ・メルケルの降伏でした。



両者は同じことをしました…G7ミーティングのほとんどを手錠のように握りしめた手で過ごしました…



トランプは非常に多くの示唆に富むジェスチャーをトルードーにもしました…何かを指摘しているような…



トランプが絶対的に最悪の扱いをしたものの1つはフランスの大統領であるマクロンでした。



マクロンはロスチャイルドの操り人形であり、恐ろしいアドレノクロマーであり、そしてトランプがこの道化師とやったことは「人食い」ですが、トランプはマクロンをも降伏させたので処分は保留としています。



イギリスのテレサ・メイ…ボリス・ジョンソンがトランプ支持者を引き継ぐことを許可するために辞任しました。



メイが泣いて泣いて、彼女が自分をコントロールできなかったことを懺悔してトランプに助命嘆願をしました。



しかし、トランプは、ヴェネツィア人が実際に彼女を排除すことを計画していることをNSAから彼女のINTELに示しました..、



彼女は実際に暗殺される準備ができていました...トランプは彼女に彼女がどうやって撃たれるのかすべてのINTELを示しました。



だから彼は基本的に彼女の命を救った…

このようにしてトランプは、今日まで世界各国で根回しをして「ディープスロート」を殲滅するために米軍を各国に派遣して「掃討作戦」を開始したのです!!



真実を知ることにより「犯罪」を未然に防ぐことが出来るようになるのです!!

用心して「子供たち」や「29歳以下の婦女子」に注意を向けることである!!

誘拐された子供たちを救出する協議会

TEL042-365-2728 FAX042-361-9202
住所、氏名。電話番号を明記の上でFAXでお問い合わせください!!
多くの方たちから「行方不明の子供」の情報が送られてきます!!

敵わぬ敵ではあるが、身を挺して子供たちを守らなくてはならない!!

限りなく美しい国のために、そして民族のために屍と成りても闘わん!!

有志達89名が、参加したいとの希望がありましたが危険が伴いますので「声援」だけをお願いしました・・・感謝します!!

この「人食い問題」を、解決しない限り、私たちに安住の地はない!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。
ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼ ロにしてくれます。
最低、半年は飲んでください!!

大不況に突入しています!!

大リストラも始まります!!

不況に左右されない特殊な業務で業界独占の事業ですから、男女を問わず誰にでも簡単にできる事業です!! 脱サラ、転職に最適です!!

仕事は尽きることがありません!!

未経験者でも、女性でも、簡単に取り組むことが出来ます!!

・起業家の皆さんに特選技術情報を提供します!!
お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・
 郵便番号・住所・氏名・電話番号を明記の上でお申し込みください。





#ドナルド#スイス#ベトナム#アルゼンチン#ブラジル#中国#カナダ#転職#インド#トランプ



posted by Buster21 at 12:27| 愛知 ☀| Comment(0) | 日本危機の本質部分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月14日

軍事法廷・戒厳令発動も視界に入って居る。。トランプのFISA裁判発言の真相を株価チャートから推測する【米国株式投資レポート December 13】

軍事法廷・戒厳令発動も視界に入って居る。。トランプのFISA裁判発言の真相を株価チャートから推測する【米国株式投資レポート December 13】

2020/12/14
特殊工作・拉致監禁軟禁工作・組織的ストーキング・イジメ・極左活動体


この記事は先ほど発行された米国株式投資レポートの最新記事、「トランプのFISA裁判発言の真相を株価チャートから推測する」の紹介や、編集後の感想、補足情報などを加えた記事になる。とうとう米国株式投資レポートでも、バイデン不正問題の話をすることになってしまった。
それだけ事態が逼迫している証拠だ。
https://note.com/newsus/n/n1c4cdb7f1c16
トランプのFISA裁判発言の真相を株価チャートから推測する【米国株式投資レポート December 13】

😉 😉 😉 司法行政立法の三権、第四権力のマスコミも、米国民を護る事を放棄、米国の危機を露呈させた分けですね。法廷闘争が糠に釘の様相から、あとは、軍事法廷で沢山ある証拠の検証が必要になってますね。https://video.fc2.com/content/20201213zPPBzGwb



【運命を握る重要人物】なんと、この後の展開はペンス副大統領の手の中に!?
https://youtu.be/wt1XMCI5HFo

中韓朝は、抑々が偽ユダヤの下僕なのは歴史が証明、それを良識派偽ユダヤのトランブさんは熟知して居て、黒偽ユダヤのグローバリズの終焉に動き、暗殺強迫にめげずに動いてます。要は、イルミネーターフリーメーソンの内乱が、米国の今の内戦ですね。https://video.fc2.com/content/20201211US1F5HkS
posted by Buster21 at 11:35| 愛知 ☁| Comment(0) | 日本危機の本質部分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。