2020年12月19日

大手メディアを要とした情報媒体の、ほんの一部を除く殆どは偽ユダヤの下僕組織であり、国際連合などの国際機関とされて居るモノと同類。。


先ずは、米国民の動きと共に「大統領令」発令が、今後の展開で基本的に重要の筈ですね。









ドチラニしても、大手メディアを要とした情報媒体の、ほんの一部を除く殆どは偽ユダヤの下僕組織であり、国際連合などの国際機関とされて居るモノと同類であり、空理空論・虚偽虚構のタルムード理念で正義を偽装して居るエセの世界だし、それが独り歩きして同類同士の仲間割れ、或いは、真実主義との超限戦など、様々な混乱・暴動テロを招いて来たのは明白ですね。端的に、弾圧主義×自由主義の戦いが、現在のトランプ潰しの国家転覆クーデターと、そこを、待ち構えて改心の道とチャンスを示しながら、着々と整理すべき者を世間に晒しながら、邪心邪悪の世界に執着心を持つ者らの三権・第四権力のシステム全容を、トランプ戦略の壮大なオトリ捜査で表面化させているのが現況ですね。相手の動きを利用活用の省エネ方式の、言わば空気投げの技ですね。自然を大切にした高度な対応法と考えます。
一方の断トツの軍事力を控えた軍事作戦も、現状は、日米豪印(クワッド)を基盤として、仏独も参加、自由を護る反共精神の国々も賛同して来て居る状況下、破壊主義勢力の結束も綻び始めていて、バイデン降ろしの画策を露出して居る報道テロの現状ですね。


https://youtu.be/0Fb8WM9acEY





Facebookのファクトチェッカー、TikTokを通じて中国から資金調達
https://www.epochtimes.jp/p/2020/12/66024.html?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=393
2020年12月16日 13時40分

AddThis Sharing Buttons
Share to Facebook
FacebookShare to TwitterTwitterShare to LINELINEShare to HatenaHatenaShare to メール
メール
2020年9月21日、ベルリンでのTikTokの広告(Sean Gallup/Getty Images)
2020年9月21日、ベルリンでのTikTokの広告(Sean Gallup/Getty Images)

フェイスブックは自社が使う複数のファクトチェッカー(事実確認の請負業者)を独立した第三者だとしているが、少なくとも一社の資金源は明らかに怪しい点がある。

ファクトチェッカーのリード・ストーリーズ(Lead Stories)は、資金の一部をTikTokとの提携を通じて受け取っている。TikTokは中国共産党にコントロールされている中国企業、バイトダンス(ByteDance)によって運営されているSNSプラットフォームであり、現在、米国当局によって国家安全保障上の脅威として調査されている。

リード・ストーリーズによると、同社は「ファクトチェック関連の事業で」バイトダンスと契約している。TikTokもこの契約を公表しており、今年初めに中共ウイルス(新型コロナ)の「誤った情報の拡散を防ぐ取り組みを支援するために」いくつかの組織と提携したと発表した。

リード・ストーリーズは2015年に創設され、2017年は5万ドル以下だった運営費が、2019年には7倍に拡大した。その主な理由は、フェイスブックが2018年と2019年に46万ドル以上を支払ってファクトチェックを委託したからだ。同社は十数人のスタッフ (その約半数はCNNの元社員) を雇い、フェイスブックの米国コンテンツの最大のファクトチェッカーの一つとなった。

今年の資金源には、グーグル、フェイスブック、バイトダンス、そして、いくつかのオンライン広告サービスが含まれる。昨年の広告サービスからの収入は2万5000ドルに満たなかったという。

リード・ストーリーズによると、資金の大部分は依然としてフェイスブックから来ているという。

リード・ストーリーズに電子メールで質問を送ったが、回答は得られていない。
検閲


フェイスブックのファクトチェッカーは検閲を促進していると批判を浴びている。ファクトチェッカーによって偽りと判定された投稿は、警告ラベルとファクトチェックへのリンクが貼られるだけでなく、フェイスブックは「見る人の数を大幅に減らす」と同社のウェブサイトで述べている。

ファクトチェッカーは、どのコンテンツをチェックするかを選択でき、真偽を決定できる。彼らは判断に対するクレームを受けても、容易に自分の判断を覆すことはない。

リード・ストーリーズは最近、選挙不正に関するコンテンツのファクトチェックに焦点を当てており、フェイスブック上での選挙不正に関する話題の検閲を強化した。
バイトダンス

TikTokを所有し、北京に拠点を置くバイトダンスも検閲することで知られている。

ガーディアン紙は2019年の記事で、TikTokがコンテンツ管理人に対して、天安門事件や法輪功(1999年以来中国で厳しく迫害されている精神的修煉法)など、中国政府が「敏感」だと考える話題に関する動画を検閲するよう指示したと報じている。

TikTokは当時、そのようなポリシーは2019年5月に変更され、すでに適用していないと述べた。

しかし12月には、中国共産党の新疆地域でのウイグル人の弾圧を批判する動画を投稿した米国の若者のアカウントを閉鎖したことで、再び非難の的となった。

また6月には、ニュージャージー州に住む中国人留学生が中国国歌のパロディー動画を投稿した時も、同アプリは彼のアカウントを閉鎖した。

バイトダンスに、同社のファクトチェッカーとの提携についてメールで質問したが、回答は得られていない。
中国共産党への忠誠

中国企業は中国共産党の方針に従わなければならない。バイトダンスの創設者、張一鳴(チャン・イーミン)氏は、中国共産党が要求する検閲を実施している。

2018年、中国共産党は彼のユーモアアプリ、「内涵段子(インサイダージョーク)」を閉鎖した。これに対し張氏は、党の政策に忠誠を誓う内容の自己批判文書を出した。

チャイナ・メディア・プロジェクトの翻訳によると、彼の自己批判文書には、「私たちの製品は間違った道をたどり、社会主義の基本的価値観と釣り合わないような内容があり、世論指導を適切に実施していなかった」と書かれている。

張氏はまた、同社が「党づくりの強化、全社員を対象とした「4つの意識」と社会主義のコアバリューの教育、世論の指導と法令等の教育を実施し、真に企業の社会的責任を果たす」と約束した。

「4つの意識」とは、習近平氏が数年前に出した理念で、共産党の理念に忠実であり、習近平氏を支持し、党指導部と連携し、「大局」を考えることを党員に求めている。

張氏はまた、「権威ある(党の)メディアと協力をさらに深め、権威あるメディア・コンテンツの配信を促進し、権威ある(党の)メディアの声が確実に強い力で放送されるようにする」と約束した。

米司法省は最近、裁判所に提出した文書の中で張氏のこの書簡を引用し、同氏を中国共産党の「代弁者」と呼んだ。
国家安全保障上の脅威

トランプ政権は、2017年にバイトダンスが中国の動画共有アプリ、「ミュージカリー(Musical.ly)」を買収した件を調査している。バイトダンスは、アメリカの若者の間で人気のアプリだったミュージカリーを閉鎖し、何百万人ものユーザーは買収後にTikTokに乗り換えることを余儀なくされ、同アプリの人気が急上昇した。

バイトダンスは中国の法律に従っており、同社のすべてのデータを中国共産党が管理できるため、政府と一部の議員はTikTokは国家安全保障上の脅威だと述べている。バイトダンスによると、同社のTikTokのサーバーは米国にあり、バックアップがシンガポールにあるという。中国共産党はシンガポール政府と緊密な関係を維持している。

米国商務省はTikTokを事実上禁止する命令を下し、禁止令は11月12日に発効となっていたが、今のところ裁判所によって阻止されている。

米国政府はバイトダンスがTikTokをウォルマートとオラクルに売却する交渉を進めている。
ファクト・チェッカーをチェックするのは誰か

フェイスブックは、使用するファクトチェッカーは国際事実確認ネットワーク(IFCN)の認証を受ける必要があることから、ファクトチェッカーの使用を正当化している。IFCNは2015年に設立され、非営利ジャーナリズム学校の「ポインター研究所(Poynter Institute)」が運営している。

TikTokは、ポインター研究所と別の事実確認プロジェクトである「メディアワイズ(MediaWise)」をパートナーとして発表している。

ポインター研究所のマーケティングディレクターであるTina Dyakon氏は、同社がバイトダンスから受け取っている金額について明らかにしなかった。

「契約内容の詳細は開示していない」と彼女は大紀元に電子メールで答えた。「ポインター研究所は今年、事実確認とメディアリテラシーのためにTikTokと提携した」

同氏は、ポインター研究所は編集の独立性を維持し、研究所の倫理方針に従っていると述べた。

2019年には、IFCNは資金のほぼ全額を、eBayの創設者で民主党の主要な寄付者であるピエール・オミダイア氏、グーグル、そして左翼の億万長者であるジョージ・ソロス氏から受け取っていた。フェイスブックも以前の寄付者の1つとして挙げられている。

どのファクトチェッカーが認証を受けるかは、事実調査機関の代表で構成される7人の諮問委員会によって決定される。委員会のメンバーで米国の政治ニュースの経験があるのは2人だけだ。1人はグレン・ケスラー氏で、彼は元外交政策記者で、現在はワシントン・ポスト紙の事実調査部門のトップだ。ケスラー氏のチームは今年、『真実を攻撃するドナルド・トランプ(Donald Trump and His Assault on Truth)』という本を出版している。

もう1人は、ポインター研究所が所有する「ポリティファクト(PolitiFact)」の編集長、アンジー・ドロブニック・ホラン(Angie Drobnic Holan)氏だ。

IFCN理事のBaybars Orsek氏は以前大紀元に対し、理事らは自分が主要な役職に就いている組織の認証については投票や審議を行わないと述べている。

(大紀元日本ウェブ編集部)



https://youtu.be/0Fb8WM9acEY
【関連する記事】
posted by Buster21 at 13:43| 愛知 ☁| Comment(1) | 日本危機の本質部分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
件名 新型コロナウイルスを増殖させてるのは、クソダニ米国のAI

拡散文書

【創価の魔の正体は米国のAI(人工知能)】

創価を日本統治に利用してる組織がCIA(米国スパイ、政府)

学会員は頻繁に病気や事故に遭うんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証)にやられてると思ってます

災難が続くと、信者は仏にすがって学会活動や選挙活動に励むので、定期的に米国のAlが軍事技術で災いを与えます

財務(お布施)に関しても、学会活動に励んだら病状が良くなるので、数百万、何千万円ものお布施をする信者がたくさんいます

Alが作った病気をAlが弱めて、あたかも病状が良くなったかのように見せかけ、莫大なお布施をさせる

10年前の創価の財務が年間2,500億円(無税)、1日あたり6億8,500万円

資産が10兆円超え、かつて世界1位の企業だったトヨタ以上の資産額

詐欺国の米国が、軍事技術でイカサマして集めたお金です

頭痛、腹痛、腰痛等の痛み全般、ワキガ等の悪臭、うつ病、認知症、統合失調症、自殺、殺人、事故、火災、暴風、豪雨、地震等、この世のほぼ全ての災いを、米国がAIを使った軍事技術で、秘密裏に作り出してます

北朝鮮を操ってミサイルを打たせたり、蚊を操って刺させたり等、第三者を介した攻撃や

雑菌を増殖させて耐え難い臭いにしたり、蚊、コバエ等の害虫を増殖させた嫌がらせもします

同じ手法で、新型コロナウイルスを増殖させてるのも米国

AIを用いたレジ不要のコンビニ

このコンビニは、人の動き、音声、商品棚の重さ等をAIが調べて、お客が商品を持って出ると、スマホで自動精算されるので、レジが不要

この仕組みからわかる事は、AIは多くの人の言動を見逃さずに、1度に管理出来る

このAIの技術を米国が悪用し、人工衛星を使い、地球上の全ての人を24時間365日体制で監視して、学会員や悪さした人を病気にしたり、事故らせたりして災いを与えます

こんなに大規模な犯罪なのに、世間に浸透してないのは、AIが遠隔から各個人の生活を監視して、生活に沿った病気や痛みを与えて来たから

重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等

スパイの犯行なので、相手に覚られず、私生活に便乗して、違和感を持たせずにやる

【この犯罪の主犯は米国防総省、米国スパイのゴミども】

ピンポイント攻撃するGPSは、米国防総省が軍事目的で開発、管理運用もここがしてます

地球上の全ての人を管理してるAlを使ってスパイ活動するNSA(政府)も、米国防総省の管轄なので、この犯罪は米国による国家犯罪

騒音攻撃に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、AIが遠隔から痛みを与えて病人を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、Alが警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように工作

「救急車、ノイズキャンペーン」「パトカー、集スト」等で検索すると出て来ます

行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集ストは、AIが被害者の周りの人に周波を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです

いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的な痛手を負わせる

咳をした時の周波数と同じ周波を当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます

TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます

これと同じように、周波数を変える事で、意識操作や精神疾患を作り出す

蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです

虫ですら周波で操作が可能

家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせ等も、AIが軍事技術を用いてやります

27〜38Hzで不眠に、48〜55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます

それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持つ

これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せます

周波(波動)は目に見えないので証拠が残りません、だからやりたい放題やる

国が関わって、周波が見えるメガネやアプリを開発したり、周波を見えるようにして、AIでこいつらの動きを監視すれば、この犯罪は激減します

この犯罪を終わらせる鍵は、宗教法人への課税と周波の見える化

https://shinkamigo.wordpress.com
Posted by   at 2020年12月20日 08:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。