2012年02月08日

大阪市北区東長柄地区での一件、創価学会・朝鮮総連と行政・司法


集団ストーキングの組織的システムと、各シフトの実態と被害と日本の被侵略状況を見る。

創価学会・朝鮮総連と行政・司法、在日社会・部落社会・エセ同和・暴力団と、テキヤ稼業と在日ヤクザ、拉致事件と集団ストーキングの日本の地域社会を考える・・・

大阪市北区東長柄地区での一件、youtube.
http://www.youtube.com/watch?v=OFEz5Tp_P98
<iframe width="425" height="349" src="http://www.youtube.com/embed/OFEz5Tp_P98?hl=ja&fs=1" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

大阪市北区東長柄地区での一件、家族ごと標的にされ、瀬谷・宮崎をはじめとする、男女の同級生の加害者グループらが、小一の女の子を、エロビデオ鑑賞などで毎日誘い出し、複数の子供男女で乱交も含めた行為が、中学校前の公園や自宅や屋上などで頻繁に展開されてた朝鮮人・部落社会の日本国内での実態。高校生になるまで続いてたらしい・・・

父親・妹との三人暮らしだった、2011/02頃、父親との諍いが限界に来ており、身に危険を感じてるとチャット中に度々出る様になるに至り
、当方の活動趣旨にも強く賛同してた事も有り、当人の肉体的・心身的病状と現象の治療と解明へ、共に身を投げ打って活動する事となり、父親の暴力から逃亡の予定を取決め、引越しの準備期間に突然もう駄目、これ以上大阪に居られないとの電話があり、予定日が早まるだけなので僅かな荷物だけを配送会社に手配して、コチラでの共同生活が始まり毎日の活動をしながら、当人が動画の場所等で幼少の頃からの被害者集団とのかかわりの中、宮崎・瀬谷なる暴力団とも関係を持つ同窓生・同級生と時間を共に過ごす事が多かったことも有り、時には教室内で覚せい剤なども見せられたり、廊下とか階段とか校舎とかの人目の有るところで、少数が集まってる位置で鑑賞させるかの様な性行為も度々だっと打ち明けて居ました。これらの事も有り、悪女友達らから徹底的ないじめの対象となり、一時は暴力団関係の檻の中に瀬谷と共に閉じ込められ、瀬谷の組み脱会の用件で同行させられた時には、当人も指を落とされそうになったところで気絶し、目が覚めた時には足腰に力が入らず横断歩道に横たわってたとの事、そこで耳に聞こえてたのは北朝鮮へ運ぶ船を用意しろ、もう戻って来れへんでーとかが聞こえてたとか言ってました。その時は船の艇が急には出来ない、船まで運んでくれとの事で運転士を探し出したが、もう、酔っぱらってしまってて動けず、日本から運び出すのは無理だとなった分けですが、その暴力団員らは彼女が言うには、略薬物中毒の進んでるかの様に言動表情が異様だったとの事でした。そこから始まったのが、動けぬ状態の彼女の喉元に、近くで買って来た包丁を近づけてココで処分すると一人の男が言うと、別の男が独断でヤレば自分らが制裁対象になるから駄目だとの応酬の後、結局、彼女はその場所で長い時間倒れたままの状態で夜明けまで居たとの事。その間、一人か二人が誰か呼んだろかーとかの声は聞こえてたそうでした。
それらの事が有って時が成人式の年代に入り、その時、瀬谷からプロポーズされたけど断った為、首を絞められて死ぬ寸前だったとかで、その恐怖の一件を、彼女は何年か前から集スト・電磁波被害の活動仲間らと、度々の相談と被害届の受理を願いに大淀警察署へ足を運んで居り、名古屋へ引っ越す前には受理寸前だったそうで、マスコミ取材の用意も担当者名も聞いてると話していましたし、被害届の受理に必要な最後の一つとされてた、当時の首占め被害を示す診断書について、彼女があたってた医者等と新たな道筋として、こちらの大学病院で神経と精神、そして肉体との関係性を追求する為に、彼女は他の被害女性の為にも原因の究明と治療法の模索へ、自身が実験台となってセックス時の絶頂で強度に表れる、音声被害・振動感・泣叫び・怯えた震え、等々と、人の言葉に直ぐ誘導されてしまうに二重人格性などを、詳しく検査と対策法を導き出したいと、深層心理を実験して貰う事を前提に、ココでの生活全部を当方から先生に話して欲しいとの事になり、本人同席で全てを見て貰うべく事を始め、何度かの後、診察予約を撮って有ったにも拘らず突如として、勤め先からも姿を消して居りました。ココには名古屋へ来てから探し当てたジュネスなる会社が関与したのは歴然で、この会社は大阪に本社があり、入社早々の彼女に対して、オイ、オマエナー
等と言われてしまったと言って居り、大阪時代の彼女を知ってる模様で、しかも加害者ら集団だった連中と同じく創価学会だと何時も言ってました。
大阪にだけは絶対に戻らん、次に行くのは東京だとしてましたから、現在まで当方に加害を、組織的な集ストシステムで実行してる事をつぶさに追求してる当方から、先ずは引き離す事が先決と、朝鮮カルト創価学会・朝鮮総連らの侵略組織は戦略を立てたとしか考えられません。

その後、当方を弾圧・制圧を目的とした弁護士を使った脅しと、二人に頼まれたとする大淀署防犯課の担当警官からも電話がかかってくる事が有りました。彼女がココから寮へ移った際、医者に渡す為にココで集めた、資料を収めたUSBメモリーを貸してたのを無くしたと嘘をついてた様で、大淀警察署防犯担当の警官から電話が有り、コチラが持ってたものと同じものと思われるUSBメモリーを、二人から見せて貰ったモノのが同じものかどうかの確認の電話だったので、間違い無いと認定して、名東警察に彼女らの弁護士の金銭要求の文書に使われてた、当人の名東警察署へ出向いた原因の個人情報を返せの際、対応した警官からその場から電話が有り、共有物は与えられないから二人の協議で決めるとした分けで、その後、協議を彼女側から拒否して居なくなったのですが、それらの指南指導役が背後に居る事は歴然であり、彼女は何時の時も自分では何も出来ない特徴の持ち主であり、名東署の件・弁護士の件・大淀署防犯係担当者の等、全て朝鮮カルト・朝鮮総連・共産党らのエセ人権マヒィアとの利権構造による、舌先三寸の、従軍慰安婦バリの詐欺商売シフトが公権力にも協調者が居る事を示してる可能性大であり、睨んだ通りの展開となっている現況であります。
コレが日本社会を侵略し続ける密入国者の子孫らが、公僕の世界も巻き込んだ日本侵略の闇システムであると言う実態を露呈させてる、大阪発のチョン組織によるエセ人権差別の闇の犯罪シフトです。今後も密かにヤミ工作で、チョン独特のスリカエ作業にヤミ人脈が活躍して行くと予想できます。

取敢えず、今回はこの辺りにします。。
http://shusutbusters21.seesaa.net/?1328667633



*表示されない時は、右下のDOWNROADクリック、Webページの規約に同意で動画が出ます。

posted by Buster21 at 02:31| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致組織と集スト組織の実態と被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。